中学生のスマホ事情

高校生と中学生の子を持つ親の視点で、子供のスマホについて考えています。

中学生がスマホを買ってもらう方法。日ごろの行いが大切

「スマホが欲しいけど買ってもらえない」

そう思っている中学生も多いでしょうね。「ほしい」と言われても簡単に買えるものじゃありませんし。

この記事では少し目線を変えて、中学生が親にスマホを買ってもらうにはどうすれば良いのかを、親の目線で考えます。

どうしても欲しい!と思っているのなら、きっと参考になるはずです。

 

買ってあげる前提は「約束を守れるか」

スマホを中学生に持たせることを親はすごく心配しています。

意地悪で持たせないのではなく、トラブルに巻き込まれることを心配して持たせないのです。

もちろんお金の心配もありますけどね。それ以上に、勉強をしなくなる、スマホ中毒、LINEいじめ、知らない人との交流などが心配なのです。

なので「ほしい」と言われて買ってあげるかどうかは「約束を守れる子」なのかどうかが重要になってきます。

小学生のころから「宿題をやると言ったのにやらない」とか「言うことを聞かない」とかなりのマイナスポイント。

「この子にスマホを渡しても…。」

そう考えてしまうものです。

 

スマホのルールを自分で決める

では親を説得するにはどうすればいいのか。

まずは、スマホのルールを自ら決めましょう。こちら「中学生のスマホトラブルを防ぐにはルール決めが大切」が参考になるはずです。

そして大切なのは、

  • 親の前でしか使わない
  • 隠し事をしたり、パスワードをかけたりしない
  • 部屋に持ち込まない

ことを約束すること。

もう一つは、スマホがないと困ることをきちんと伝えること

例えば

  • 友達との連絡がスマホになっている
  • 部活の時間を確認するのに必要

とかですね。

ただでさえ渡すのが不安なのに、必要がないと分かれば絶対に買ってくれません。

親に買う言い訳を与えるためにも、「ないと困る理由」をきちんと伝えるようにしましょう。

 

言ったらやることが大切

スマホのルールを決めたらきちんと実行することが大切です。

言ったのにやらないではダメ。アッという間に取り上げられて二度と持たせてもらえなくなります。

買ってもらうことがゴールじゃありませんよ。

買ってもらって、使い続けることがゴールです。

使う時間を決めて約束をきちんと守る。言ったらやることが本当に大切です。

親が安心してスマホを渡せるのは、「この子は言ったことをきちんとやる」と思えるからです。

 

日ごろの行いが結果に出る

つまり、スマホを買ってもらえるかどうかは日ごろの行いにかかっていると言ってもいいでしょう。

言ったことはやらない、そのくせやってほしいことだけは一丁前に言ってくる。

これだと何を言っても買ってもらえません。

たとえどんなに完璧なルールを決めて、「このルールを守るから買って」と言っても「どうせ口だけだ」と取り合ってさえもらえないでしょう。

もし、今取り合ってもらえないのなら、違うルールを決めて親と約束してください。

例えば、

  • 1日2時間勉強をする
  • 18時までには帰ってきて、手伝いをする
  • 朝は毎日6時30分に自分で起きてくる

とかですね。

交換条件に「この約束を守ったらスマホを買って」とは言わないこと。「今日からこれを絶対にやるから見てて!」と言って実行しましょう。

「どうせ途中でやらなくなる」と、思われるでしょうが、とにかく実行するのみ。

そして「すごい、本当に出来るんだ」と親が感心した頃(恐らく半年か1年後)を見計らって「スマホが欲しい」と言ってみてください。

きっと、話は聞いてもらえますよ。

 

すぐにでもスマホが欲しいなら、友達の連絡手段がLINEになっていることを説明する

どうしてもすぐにスマホが欲しい時の最終手段です!

友達との連絡手段がLINEになっていることを、一生懸命説明しましょう。

そのために「親を説得する方法」を説明します。

 

決して大げさではなく、最近の中学生は電話で連絡を取らずLINEで連絡することが当たり前になっています。

さらに言えば、中学生で初めてスマホを持つ人が約8割いて、その中でのLINEの普及率はほぼ100%とと言いう驚異の数値を示しています。

参考:約8割が中学生までに初スマホ、LINE使用率はほぼ100% 10代女子のスマホ事情

10代女子限定の調査ですが、十分参考になるはずです。

事実ぼくの中学生の子供は、LINEでの友人数が100人を超え、グループに至っては30近くあるとかなんとか。

遊びに行く約束や通学・部活の待ち合わせは全てLINEで相談して決めています。

もはやコミュニケーションツールとして持っていないと困るレベルになったと言えるでしょう。

 

親を説得するには順序立てて説得力を持たせる

親を説得するには、話に合理性があり納得できる内容じゃないといけません。

まず、友達でスマホを持っている人を数人見つけてください。出来れば、母親同士がLINEやメールでやり取りする友達が良いですね。

次に、友達との連絡手段がLINEになっていることを親に話します。

嘘をつくのはダメですが、「LINEが無いと遊びに誘ってもらえない」とか「クラスで孤立しちゃう」と話しても良いかもしれません。

ここで「みんなが持っている」と言っても親は信用しません。

実際になんども「みんなが持っている」と子供に言われましたが、「みんなって誰だよ」と聞けば3・4人しか名前を言えないことがほとんどです(笑)

 

なので最初に調べたスマホを持っている友達の名前をだします。「〇〇ちゃんと〇〇ちゃんも持っているんだよ」と。「信じられないなら聞いてみてよ」と、言うのです。

それから「友達はLINEで連絡を取っているから、自分だけ仲間に入れない」と訴えます。

恐らくスマホを持っている友達は連絡手段としてLINEを使っていますから、母親がママ友に聞いたときの話も「LINEで連絡を取っている」と言う内容になる、はずです。

そうなればしめたもの。

「仲間外れになるのは嫌だから買ってほしい」

そう、切実に訴えかけるのです。

ここで「ママと相談してみる」あるいは「パパと相談してみる」と言わせたら、かなりの確率で買ってもらえるでしょう。

あとは、あなたの普段の行い次第。

親に訴えるポイントは、具体的に使っている友達の名前を出す、スマホを持っていないと仲間外れになってしまう、です。

(こんなことを書くと親御さんに怒られるかな...。)

 

さいごに

スマホを買ってもらえるかどうかは、日ごろの行いが大きく関係してきます。

何度も言いますが「言ったのにやらない」「約束を守らない」「家の手伝いをしない」子には、「ほしい」と言われても買ってあげないものです。

なので、まずは言ったらやりきるという姿勢を見せてください。時間はかかりますがおそらくこれが一番の近道です。

その上で、スマホを使うときはルールを守ると自分から宣言してみてはどうでしょう。

「言ったことはやる子」だと親が思っていれば、話くらいは聞いてもらえると思いますよ。