読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生におすすめのスマホと、持たせることへの心配と

高校生と中学生の子を持つ親の視点で、子供のスマホについて考えています。

中学生のスマホ利用のルール決めで一番大切なこと

最近の中学生のほとんどがスマホかインターネットが利用できる端末を使用しています。

家族共用のパソコンを持っていたり、タブレットを使っていたりする子も多いでしょう。親としてはSNSで知らない人とつながったり、トラブルに巻き込まれたりすることを心配して、使い方のルールを決めたくなるものです。

それで思ったのです。共用のパソコンを使っていたときは、そこまで心配していなかったな…と。

つまり、スマホやタブレットを持たせることで親が不安になるのは、行動が見えなくなることなのですよね。

 

 

使う場所を限定する

大切なのはスマホやタブレットを使う場所を限定すること。

親の目の届く範囲でしか使わせなければ、問題になりそうなことはやらないでしょう。それに、LINEで嫌なことを書かれたら顔色が変わりますし、突然態度が変わりますからすぐに気が付くことが出来ます。

親の目の届く範囲で使うのなら、スマホやタブレットはリビングだけで使うことにすれば十分。

特に部屋には絶対に持って行かせないようにすることが大切。部屋に持って行くと永遠とやっていますからね。

充電する場所を家族共通にして、1か所にまとめてしまえば不公平感も少しは減りますよ。

 

パスワードをかけさせない

もう1つ大切なのがパスワードやPINでロックさせないこと。

これは「何に使っているのかチェックするかも」と言う無言のプレッシャーを与えるためです。

ロックすることで「親に見られることはない」と思っていれば、使う場所を限定しても隠れて何かやっているかもしれません。

なので、パスワードをかけさせないことも大切です。

 

良くある子どもの言い訳

子供としては部屋でも使いたいですし、出来れば親には見られたくないと思っています。当たり前ですけどね。

そんなときに子供がよく使う言い訳はこれ。

  • 目覚ましとして使う
  • 勉強で調べるのに使う

大体この2つでしょうか。

目覚ましとして使いたいと言われたら、目覚まし時計を買ってあげましょう。「スマホのアラームじゃないと起きられない」と言い出す子もいますが、その時は目覚ましを3個買ってあげましょう。親が起こしに行くでもいいですよね。

勉強で調べるときに使うと言われたら、辞書を使えと言ってあげてください。Googleじゃないと分からないと言われたら、ノートにまとめて先生に聞いてこいと言ってあげましょう。

はっきり言ってスマホが無くても生活や勉強に支障が出ることはありません。友達と連絡を取るときが不便なだけです。

言い訳には適切な回答で対応してください。

 

最後に

子供を信頼していないようであまり細かくルールを決めるより、使う場所を限定してパスワードをかけさせないだけでも随分違います。

もちろん、インターネットの怖さや使い方を誤ると危険な目に遭う可能性があることはしっかりと話をしましょう。

我が家ではラインで家族のグループを作っていて、定期的にネットの怖さをトークにながし、「読んだか?なんて書いてあった?」と、抜き打ちで聞くようにしています。

直接話しても良いのですが、何回も同じことを言うのはちょっと気が引けるので、何回も同じことを流しています(笑)

何かあってからでは遅いので、子供も親も納得できる形でルールを決められると良いですね。