読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生におすすめのスマホと、持たせることへの心配と

高校生と中学生の子を持つ親の視点で、子供のスマホについて考えています。

中学3年生になると、友達との連絡手段がLINEになる

中学1年生のころは少ないようですが、中学3年生にもなるとほとんどの人が、アプリが使える何らかの端末を持つようになります。

スマホに限らず携帯やタブレット、パソコンなどですね。そして、連絡手段がLINEへと切り替わっていくようです。

仲の良い友達みんながLINEで連絡を取り合っているのに、1人だけ輪に入れないと寂しいですよね。

必ずしもスマホを持たせる必要はありませんが、SNSが使えた方が良いのかもしれません。

 

 

遊びに誘われない

周りの友達がLINEで連絡を取るようになると、LINEを使えない子は遊びに誘われにくくなっていきます。

「LINEを持っていないだけで誘わない友達とは遊ばなくていい」

と言う親御さんもいますが、友達と遊べない環境は子供にとって想像以上に苦しいものです。

 

パソコンでは連絡が取りにくい

SNSはパソコンでも十分にできます。LINEもFacebookもTwitterもできますし、家から持ち出す必要もないので十分な気がしますよね。

ですが、家のパソコンは家族共用になっていることが多く、友達と連絡を取る手段としては不十分。

「パソコンを使えばいい」と言う考えを子供に押し付けるのは、少しかわいそうです。

 

スマホが必要とは言い切れない

つまり、「家族みんなが使うもので友達と連絡を取り合え」と言う考えはダメです。

必ずしもスマホが必要だとは言いませんが、子供が個人で使える端末を持たせてあげたいところ。

例えば、タブレット・iPod Touchなどですね。

親の中古スマホでも良いかもしれません。wifi環境下じゃないと使えませんが、逆に家から持ち出せないことが利点とも言えます。

 

LINEは使えるようにしてあげたい

上の子の話を聞いていると、中学3年生になったころには友達のほとんどがLINEでやり取りをして、Twitterをフォローしあっていたそうです。

なんか、怖い世の中だなと思う反面、緩く長くつながっている関係もいいものなのかなと思うことも。

たまにトラブルになることをあるそうですが、子供同士上手に解決しているようなので、とりあえずは安心しています。

スマホを持たせる必要はありませんが、SNSが使える端末は持たせてあげたいですよね。

友人関係が上手くいかなくなると学校もつまらないものになりますし。もちろん、使い方のルールは必要です。